未分類 転職

元アクセンチュアが語る、外資系コンサル第二新卒の市場価値(前編)

Pocket

(この記事は3分で読めます)

「スキルを身につけて転職するぞ!」と意気揚々新卒入社。

実際働きだすと、「自分の転職市場で評価されるスキルって何? 社内の転職の温度感が不安」と転職への第一歩を踏み込めない、第二新卒の社会人も多いと思います。

この記事では、アクセンチュアに新卒入社、3年働いた後スタートアップに転職されたコーキさんにインタビューし、疑問を解決していきます。

<聞き手:Youseful株式会社 サスケ>目次

新卒入社したアクセンチュアで身についたスキル

コーキさんは、アクセンチュアで何を担当されて、どんなスキルがついたと思いますか?

合計3年間で、始めの1年間はシステム開発の業務をしていました。2年目以降は、ストラテジー&コンサルティングというコンサルティングの案件に関わっていました。
 
その中で身についたと思う力は「ポータブルスキル、IT周りの知識、プロジェクトマネジメント」の3つです。

ポータブルスキルというと、どんなスキルになるのでしょうか?

いわゆる、「どこの会社でも役に立つ」スキルです。
 
例えば、「エクセル・パワポを使用した資料作成スキル、会議進行などのファシリテーションスキル、ロジカルシンキングなどの整理スキル」などです。

第二新卒は、ポータブルスキルで市場価値を高める

実際に転職したわけですが、市場価値という点で、特に今役に立っているなって思うスキルは3つの中だとどれなのでしょうか?

ポータブルスキルですね。
コンサルは他の業界より3倍早く成長できるって聞きますよね。成長というのがまさにポータブルスキルによるものだと思ってまして、身に付くスピードが他の業界よりも早いのかなと思います。

確かにコーキさんは「物事を整理してきちんと最後までやり抜く」というスキルが、一般的な他の業界の人よりも優れているなと思います。
これだけの力をたったの3年で身につけるって結構ハードだと思いますが、当時は忙しかったですか?

かなり忙しかったです(笑)。
基本ずっと忙しかったのですが、15連勤して週4回はタクシーやホテルからの帰りがあった一年目が一番ハードでしたね。
当時は副業として、SNSでの情報発信やブログ運営も行っていたので、毎日3時以降に寝る生活でした。

これが、当時のツイッターなんですが、今見てもハードですね(笑)

アクセンチュアは転職に対してオープンな雰囲気

ハードだったけども、その分市場価値が身についた業務内容だったんですね。
転職に対しては会社の中ではどんな雰囲気なのでしょうか?

まず、入社の段階でこの会社で一生を遂げようという人は基本的にいないですね。セカンドキャリアがある前提で入社する人が大半かなと思います。
一方で、入社した後は、転職を考える人が抜きん出て多いというわけでもないですね。
給与も周りと比べればよく、昔と比較すると今は会社全体が働きやすくなっているので、転職を考える人も減るのかなと思います。

コンサルティング業界では、転職を考え始める年齢は何歳くらいに多いと感じますか?

3年目くらいで転職する人は少ないですね。20代後半になると徐々に増えてきて、5,6年目とかになると、さらに転職意向が高くなるかなという印象です。

外資系コンサルからセカンドキャリアでベンチャーへ転職した理由

ここからはコーキさんが転職に至った理由をお聞きしたいと思います。「そもそもなんで転職したのですか?」

結論から言うと、「新卒で入社する時に、描いていた姿(ゴール)に近づけた」と感じたからです。
僕は元々新卒時から事業開発がやりたいと考えていました。しかし、当時はやりたい事業が自分の中でわからなかったので、「①やりたい事業を見つける ②事業を推進するスキルを身につける」の2つを考えて、ファーストキャリアとしてアクセンチュアを選びました。
まさに、その2つが達成されたので転職しました。

あと、転職は時期で悩む人も多いと思います。
コーキさんは24歳で転職しましたよね。3年目という点でも早いし、24歳と聞いても早いなと思ったのですが、今振り返ってその時期は適切だったと思いますか?

僕は適切だったと思います。
というのも、現職はアクセンチュアにいた時代からお手伝いのように業務に関わっていたので、すでに転職の一歩目を踏み出していたような状態だったんですね。なので「何年目で転職が適切」という考えではなく、「環境が整えば転職すべき」だと思います。

そうですよね。一旦業務委託で働いてみて、お互いパフォーマンスをわかった上で転職する形が、転職に不安がある人にはとてもいい方法だと思います。
実際にアクセンチュアからベンチャー企業に転職を成功されたコーキさんに、「コンサルで身についた市場価値の高いスキル」と、「転職した理由」の2点をお聞きすることができました。
後半の記事では、転職した際に「エージェントは何を使ったのか?リファラルなのか?」など「実際にどんな手段を用いたのか?」をグイグイ聞いていきます。

まとめ

コーキさんの転職体験談はいかがだったでしょうか。

後編ではさらに詳しく聞いていきますのでぜひご覧ください。

この記事は動画でもご覧いただけます。以下のリンクよりYouTubeへお進みください。

トップ企業内定の秘訣が知りたいあなたへ!

現在トプシューでは、
LINE公式アカウントにて以下のようなコンテンツを無料で配信しています!

・トップ企業内定に役立つ限定情報配信

・LINE登録者限定就活イベントの開催

さらに、今なら友達追加でトプシューが厳選した「超頻出質問集100選」もゲットできるので、

以下の画像をクリックして、ぜひ今すぐ受け取って下さい!

↓無料で「超頻出質問集100選」を受け取る!↓

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: LINE@_3-1-1024x538.png

公式LINEはこちらから

-未分類, 転職

© 2021 Powered by AFFINGER5