転職

元アクセンチュアが語る、外資系コンサル第二新卒の市場価値(後編)

Pocket

(この記事は3分で読めます)

スキルを身につけて転職するぞ!と意気揚々新卒入社した外資系コンサル。

実際働きだすと、「自分の転職市場で評価されるスキルって何? 社内の転職の温度感が不安」と第一歩を踏み込めない、第二新卒の社会人も多いと思います。

前編に引き続き、コーキさんにお話を聞いて、そんな疑問を解決していきます。

後編の今回は、「実際に、どんな手段で外資コンサルからの転職活動を行ったのか?」をグイグイ聞いていきます。

前編はこちら!

<プロフィール>

コーキさん

2018年、立教大学卒業。

新卒でアクセンチュア入社。

システム開発・コンサルティング案件に従事した後、

2021年1月、株式会社yousefulに転職。

<聞き手:株式会社Youseful サスケ>

外資コンサルからの転職活動方法

どんな手段を用いて転職活動を行いましたか ?

大きく分けると2つで、転職エージェントリファラルでした。

転職エージェントも分類すると4つ用いていました。
具体的には、リクルートエージェントなどの総合的なエージェントキャリアカーバーのようなハイキャリア向けのエージェントAXISコンサルティングなどの業界特化型のエージェント、最後にアマテラスなどのベンチャーやスタートアップに特化したエージェント、この4つをメインで使っていました。

リファラルとエージェントはどのように使い分けていましたか ?

エージェントで網羅的に会社を見て、リファラルで意思決定をするという使い分けでした。
僕は転職を考えだした時にはすでに今の会社にお世話になっていたので、リファラルで転職活動を始めて意思決定のための情報収集として転職エージェントを使うという流れですね。
実際には、転職を決意した時に多くの転職エージェントに登録して、連絡もらった良さげな会社さんには実際に話を聞きに行っていました。

コンサル業界特化型エージェント!

AXISコンサルティングはこちら!!(公式サイト)

【完全無料】1分で登録できます

転職エージェントごとの違い

転職エージェント毎に印象の違いはありましたか ?

ありました。4つそれぞれでかなり違う印象を受けました。
リクルートキャリアなどの総合型のエージェントでは、求人数の多さエージェントさんの転職に対する経験量を強く感じました。
2つ目のハイキャリア向けエージェントは、ハイキャリアの人が好むような条件を理解されていたので、レベルの高い紹介をいただきました。

3つ目の業界特化型のエージェントが一番特徴的だった気がします。例えばAXISコンサルティングだと、転職エージェントの方が元コンサルの方なんですね。なので、僕の気持ちをわかってご提案いただけていたと感じ、すごく心強かったですね。
4つ目のスタートアップに特化したエージェントは、紹介していただける会社に限らずエージェントの方もスタートアップに近い雰囲気を感じました。

4つのエージェントはそれぞれどのように使い分けてましたか ?

最終的には、ハイキャリア向けのエージェント業界特化のエージェントを使っていました。
僕は事業開発を行いたいと思っていたので、ハイキャリア向けのエージェントでコンサルに限らない幅広い業界を紹介してもらいつつ、業界特化のエージェントでコンサル出身の方にお話を聞いていました。

同じ業界出身の人が語るキャリアが一番信憑性、安心感がありますよね。

実際にエージェント経由で同じ業界出身の先輩にキャリアについて話させてもらいましたが、他の業界出身の人と比べると、自分の体験と重ねられたので一番ためになりました。

転職にかかった時間はどれくらいでしたか ?

3ヶ月くらいでした。

平均的ですね。この前、転職エージェントの人に聞いたら、よく転職期間の平均って大体3ヶ月以下だと言ってました。
転職期間は本業も忙しいと思いますが、どのようなスケジュールでしたか ?

平日の昼間は忙しかったので、基本的に土日に活動していました。特に面談は土日とか平日の夜に行っていました。

業界特化型エージェント!

AXISコンサルティングはこちら!!(公式サイト)

【完全無料】

失敗したと感じる点とおすすめの転職活動

転職活動をしていて、「振り返れば失敗だったな」と思うことはありますか ?

大きく失敗したと感じたことはないのですが、もう少しやっておけばよかったことはあります。エージェントには転職を考える前から登録して、定期的にお話を聞いておけばよかったと思っています。

早い段階から、常に自分が働けるさらにいい場所がないか ?という視点を持つことができ、社会全体における自分の市場価値を意識することができるので、転職するタイミングでは選択肢は大きく広がっていたのではないかと思います。

もう一度転職するならまず何をしますか ?

まずは、エージェントを探してとにかく情報収集を行いますね。
転職とまでは行かなくても、キャリアのイメージを悩み始めた時から行動に移すまでが遅い人は多いと思うんですね。エージェントは登録しても我々がお金を払うことないので、早くから社外に目を向ける中で自分の感覚や市場価値を認識していくのがいいと思います。

外資コンサル第二新卒の市場価値と年収

アクセンチュアで3年働いて、いざ転職活動をした時社会から突きつけられた自分の市場価値についてどう感じましたか ?

思ったより評価されているな !と感じました。

周りは当然優秀な先輩ばかりなので、日々ご指導いただくんですよね。会社の中にいると、「たった3年では何も身についていない」と感じていたのですが、いざ、社外に出てみると、転職エージェントの方からコンサルの時よりも待遇の良いオファーをいただけたり、実際に他の会社を手伝っている時に仕事の経験が生かされたりと、市場価値が想像していたよりも高いのではないかと感じました。

転職をして「市場価値は自分が決め込むものではなく、市場が決めるものなのだな」ということを強く認識しました。

年収のオファーは前職よりも高かったですか ?

オファーいただける会社によって大きく違いましたね。
年収だけでみると、大企業>メガベンチャー>スタートアップの順で多かったのですが、裁量はその逆の順番だと感じていて、そのうち裁量か年収かどこを重要視するか ?で悩みました。

また、コンサルの時から年収が上がるのか ?について、エージェントの方によく言われたのが、「基本コンサルから他業界への転職だと年収は下がり、良くても同等。唯一年収が上がるのは、コンサルからコンサルの同業他社への転職」ということでした。

年収は僕も同じ感覚です。例えばマーケティングから営業のように職能を変えると同じ年収は厳しいですよね。
最後に、コンサル業界にいる若手(3~5年目)へのアドバイスをお願いします。

「思っている以上にスキルついていますよ」と言いたいです。

普段から接している上司はできる方ばかりなので、自分が全くできないかのように錯覚しがちですが、一歩外に出てみると、待遇の良いオファーをいただけたり、評価されるスキルレベルに仕上がっていたりと驚くと思います。ぜひ早く社会全体と自分を照らし合わせてみてください。

まとめ

コーキさんの転職体験談はいかがだったでしょうか。

以下はトプシューおすすめエージェントです。

未登録の方はぜひ登録してみてください。

総合転職エージェント

リクルートエージェントはこちら!!(公式サイト)

【完全無料】1分で登録できます

ハイキャリア向けエージェント

キャリアカーパーはこちら!!(公式サイト)

【完全無料】1分で登録できます

業界特化型エージェント!

AXISコンサルティングはこちら!!(公式サイト)

【完全無料】

この記事は動画でもご覧いただけます。以下のリンクよりYOUTUBEへお進みください。

トップ企業内定の秘訣が知りたいあなたへ!

現在トプシューでは、
LINE公式アカウントにて以下のようなコンテンツを無料で配信しています!

・トップ企業内定に役立つ限定情報配信

・LINE登録者限定就活イベントの開催

さらに、今なら友達追加でトプシューが厳選した「超頻出質問集100選」もゲットできるので、

以下の画像をクリックして、ぜひ今すぐ受け取って下さい!

↓無料で「超頻出質問集100選」を受け取る!↓

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: LINE@_3-1-1024x538.png

公式LINEはこちらから

-転職

© 2021 Powered by AFFINGER5