就活サービス紹介

unistyleとは?評判は?ESや志望動機を参考にできる就活サイト

Pocket

(この記事は5分で読めます)

みなさん、こんにちは!

トプシュー編集部です。
この記事では、総合商社や外資コンサルなど大手企業への内定者・選考通過者のESが見れるサイトunistyle(ユニスタイル)について紹介していきたいと思います。

今回はunistyleなんですね!
聞いたことはあるんですが、まだ使ったことがないので詳しく
解説して欲しいです!よろしくお願いします!

unistyleの内容から特徴、登録・利用の流れまでを解説していきます。大手企業への内定を実現したい方はぜひ最後までご覧ください!

この記事を読んでわかること!

  • 就活支援サービス「unistyle」について

  • unistyleを利用するメリット・デメリット

  • unistyleが就活生から評判が良い理由

  • unistyleの利用登録方法

今回取り上げる就活サービス

そもそもunistyleとはどんなサービス?

そもそも、unistyle(ユニスタイル)とはどのようなサービス
なのでしょうか?

unistyleとは大手企業の内定者や選考を突破した学生が書いたESを掲載している就活支援サイトで、Unistyle株式会社が運営
しています。

サービスの概要は、選考を突破した53, 000枚以上のESを閲覧できるほか、ESの書き方や自己分析の仕方など就活関連の記事を閲覧することができます。自己分析から面接のポイントまで、学生の内定のサポートをしてくれるのでオススメのサービスですよ。

unistyleはこんなサービス!

  • 大手企業内定者のESが見れる!
  • ESの書き方がわかる!

>>unistyleをチェックする!!

unistyleの3つの特徴

unistyleの3つの特徴

unistyleにはどういった特徴があるのでしょうか。

3つの特徴があると思っています。
1つずつ解説していきます。

unistyleの特徴

①大手企業の内定者が書いたESを多数掲載

②多くの就活情報を発信している

③LINEオープンチャットで就活生の情報共有を支援

特徴①:大手企業の内定者が書いたESを多数掲載

1点目は大手企業の内定者が書いたESを多数掲載している
です。掲載されている数は53, 000枚以上に及びます。
各業界の大手企業の選考を突破したESなので、参考にすると
ESが書きやすくなると思います。

53, 000枚以上も!それは驚きです。業界はメーカーから
総合商社、外資系コンサルまでと学生に人気の業界がずらりと
並んでいますね。これなら志望業界を見つけやすそうです!

特徴②:様々な就活情報を発信

2点目は様々な就活情報を発信している点です。選考を突破したESを掲載しているだけでなく、就活スケジュールや業界・企業研究、自己分析・面接のポイントなど就活生の知りたい情報をたくさん発信しています。

初めての就活は知らないことばかりなので心配ですが、unistyleを使えば効率よく情報収集できそうですね!

その通りです!知りたい情報を綺麗にまとめてあるので情報収集にはもってこいのツールですね。

特徴③:LINEオープンチャットで就活生の情報共有を支援

3点目はLINEオープンチャットで就活生の情報共有を支援している点です。unistyleはLINEオープンチャットを運営しており、業界毎や大学毎(一部大学のみ)のオープンチャットがあります。

LINEオープンチャットとは具体的にどのようなものなのですか?

LINE公式の説明によると、
『「OpenChat(オープンチャット)」はLINEの友だちになっていなくてもトークをしたり、情報をキャッチできるサービスです。興味関心事や日常生活に密着した話題について、幅広い場面でコミュニケーションを楽しめます。』
となっています。このオープンチャットでは全国の就活生とインターンや選考情報を共有することが可能です。

オープンチャットはどのように参加するのですか?

URLかQRコードで簡単に参加できます。表にまとめたので興味のあるオープンチャットがあればチェックしてみましょう!

オープンチャット一覧

就活対策用グループ(日系大手/外資/ベンチャー)
コンサル業界志望者向けグループ
総合商社業界志望者向けグループ
専門商社業界志望者向けグループ
IT・通信業界志望者向けグループ
広告・マスコミ業界志望者向けグループ
食品・飲料業界志望者向けグループ
不動産・デベロッパー・建設業界志望者向けグループ
銀行業界志望者向けグループ
保険業界(生保・損保)志望者向けグループ
カード業界志望者向けグループ
リース業界志望者向けグループ
証券業界志望者向けグループ
製薬・CRO・医療業界志望者向けグループ
消費財・化粧品・日用品業界志望者向けグループ
化学・素材・繊維業界志望者向けグループ
運輸業界(鉄道・航空・海運・陸運)志望者向けグループ
インフラ業界(電力・ガス・石油・エネルギー)志望者向けグループ
人材・教育業界志望者向けグループ

>>unistyleの LINEオープンチャットをチェックする!!

unistyleのメリット・デメリット

unistyleの

メリット・デメリット

unistyleを使うことでの
メリット・デメリットについて教えてください。

わかりました。
大手企業を目指すみなさんにとっての
メリット・デメリットを見ていきましょう。

結論から言うと、メリットは5点、デメリットは2点あります。まずはメリットから説明していきます。

unistyleのメリット

①大手企業の内定者が書いたESを無料で見れる

②業界・企業研究ができる

③ 就活情報を全国の就活生と共有できる

④アマゾンギフト券が貰える

⑤選考の締め切りが分かる

メリット①:大手企業の内定者が書いたESを無料で見れる

1点目は大手企業の内定者が書いたESを無料で見れるという点です。どうやってESを書いたらよいか分からないという就活生も多いと思います。実際に内定者や選考に突破した人のESを見ることで、選考に突破するESの構造的な理解に繋がります。

選考に突破したESの構造を理解することで、自分も選考に突破できるESを書けそうです!
構造理解だけでなく、似たようなエピソードの場合は自己PRガクチカでのアピールの仕方も学べそうですね!

その通りです!ESには先輩たちの工夫の跡が沢山残ってます。
それを参考に工夫の仕方をモノにできるといいですね。

メリット①

大手企業の内定者が書いたESを無料で見れる!

メリット②:業界・企業研究ができる

2点目は業界・企業研究ができる点です。
unistyleでは業界・企業研究に関する情報発信も行なっています。業界構造や今後の動向、求める人材などを徹底解説しています。また、各企業毎のまとめ記事もあるので、業界・企業についての理解を深めることができます。

やっぱり業界・企業の理解って重要ですよね。。。?

はい、とても重要です。
その理由は、企業は就活生に対して「なぜこの業界なのか・なぜうちの企業なのか」の説明を求めているからです。この問いに答えられた就活生が見事に内定をゲットできます。そのため、業界・企業研究を通してこの問いに答えられるよう準備する必要があります。

そうなんですね、業界・企業研究の重要性がわかりました。
手を抜いてはいけませんね。

はい、業界・企業研究は時間がかかるのでunistyleを使って効率的に進めるのがオススメです。

メリット②

業界・企業研究ができる!

メリット③:就活情報を全国の就活生と共有できる

3点目は就活情報を全国の就活生と共有できるという点です。LINEオープンチャット参加することで、自分の知らなかった情報にアクセスすることができます。

知らない情報をゲットできるのは嬉しいですね!つまり、自分より選考が進んでいる人・同じタイミングで選考を受けている人と情報共有できるということですよね?

そういうことです。就活において情報収集は重要です。LINEオープンチャットを利用して広いネットワークを持つと情報収集しやすいと思います。

メリット③

就活情報を全国の就活生と共有できる!

メリット④:アマゾンギフト券が貰える

4点目はアマゾンギフト券が貰えるという点です。
内定した企業や選考を突破した際に書いたESをunistyleに提出するとお礼としてアマゾンギフト券が貰えます。

アマゾンギフト券が貰えるんですか!ちなみにですが、金額はどれくらいなのでしょうか?

金額は1社あたり0〜500円となっています。業界や企業、どの選考ステップまで進んだのかなどの諸条件を参考に査定され、金額が決まります。内容が不十分と判断されるとギフト券が貰えないので注意しましょう。

また、内定した際のESは通常の倍の金額のギフト券が貰えます!ESは消さないように保存しておきましょう。

そうなんですね。選考後もESを残して置くことが大事ですね!ESはどこから提出するのでしょうか?

unistyleのマイページから提出可能です。選考が終わったら提出してみましょう。

メリット④

アマゾンギフト券が貰える!

メリット⑤:選考の締め切りが分かる

5点目は選考の締め切りが分かるという点です。
インターン、本選考共に各企業のエントリー締め切りが一覧で分かります。

一覧で締め切りが分かるのはありがたいです!
具体的にはどのようなメリットがあるのでしょうか。

エントリーの抜け漏れを無くして、沢山の経験を積めるという事です。
沢山の企業の選考に参加することは、就活経験値を上げるだけでは無く人生の選択肢を広げる事にも繋がります。

そうなんですね。ユニスタイルの締め切り一覧を参考にして選考に参加してみます!

メリット⑤

選考の締め切りが分かる!

メリットが分かりました。一方、デメリットはどのような点でしょうか?

unistyleのデメリット

①掲載されているESが全てではない

②情報の信頼性が担保できない

デメリット①:掲載されているESが全てではない

1点目は掲載されているESが全てではないという点です。
ESの設問は年によって変化するため、unistyleに掲載
されている設問だけではありません。
また、掲載されているESにあるエピソードも人それぞれ
なので、同じでなければ選考を突破できないという訳では
ありません。

つい勘違いしてしまいそうですが、大事なポイントですね。掲載されているESを参考に、自分なりのESを作り上げることが必要ということですよね?

その通りです。自分なりの体験や思いを自分の言葉で伝えることが重要です。その伝え方をunistyleを通して学べると良いと思います。

unistyleのデメリット①

掲載されているESが全てではない

デメリット②:情報の信頼性が担保できない

2点目は、情報の信頼性が担保できないということです。先程、LINEオープンチャットでの情報共有がメリットと述べましたが、オープンチャット上の情報が必ずしも全て正しい情報とは限りません。情報に踊らされすぎないように気をつけることも大事です。

全ての情報を鵜呑みにせず、自分の判断軸を持つ事も必要ですね。

そうですね。自分の意志で情報を取捨選択することを心がけておきましょう。

unistyleのデメリット②

情報の信頼性が担保できない

unistyleの口コミ・評判は?

unistyleの口コミ・評判は?

次にSNSでの口コミ・評判を紹介していきます!
unistyleを利用している学生がどのように感じているのか見ていきましょう。

評判①:ESが参考になる

実際に掲載されているESはやはり参考になるんですね!

特にESの書き方がまだ分からないという人にはいい見本になると思います。同じクオリティのESが書けると、選考も突破しやすくなりますよ。ただ、完全なパクリはやめましょう。あくまで文章構造や考え方を真似ること大切です。

評判 ②:コラムが充実している

https://twitter.com/kds23461636/status/1256443815306522625

役立つコラムが沢山あるんですね!

コラムでは選考突破に関する情報だけでなく、実際に働いてみた社会人の感想や選考での実体験など就活を進めていく上で役立つ情報を発信しています。リアルな意見に触れることができるので
息抜きやちょっとした時間に見てみるのをオススメします!

利用までの流れ

利用までの流れ

次に利用できるまでの流れを説明します。
ステップは2つです。

STEP1:会員登録

まずは会員登録をしましょう。登録したメールアドレス宛にメールが届くので、添付されているURLをクリックして登録完了です。

STEP2:自由に利用可能

登録が完了したら後は自由に利用できます。右上のボタンからログインし、unistyleを使い倒して第一志望への内定を目指しましょう!

まとめ

まとめ

unistyleのサービスはいかがでしたでしょうか。
以下に、記事の内容を簡単にまとめておきます。

本日のまとめ!!

〇そもそもunistyleってどんなサービス?

  • 大手企業内定者のESが見れる!
  • ESの書き方がわかる!

〇unistyleの3つの特徴

  • 大手企業の内定者が書いたESを多数掲載
  • 多くの就活情報を発信している
  • LINEオープンチャットで就活生の情報共有を支援

〇大手企業志望者にとってのunistyleキャンパスのメリット・デメリットとは?

メリット

  • 大手企業の内定者が書いたESを無料で見れる
  • 業界・企業研究ができる
  • 就活情報を全国の就活生と共有できる
  • アマゾンギフト券が貰える
  • 選考の締め切りが分かる

デメリット

  • 掲載されているESが全てではない

〇unistyleの口コミ・評判は?

  • ESが参考になる
  • コラムが充実している

内定者のESを参考に就活を有利に進めましょう!
unistyle(ユニスタイル)をぜひ利用してみてください!

unistyleをチェックする!!

-就活サービス紹介

© 2021 Powered by AFFINGER5